検索結果雑誌詳細

  • 雑誌の詳細です。 現在の予約件数は 0 件です。
  • 「資料情報」から雑誌を予約カートに入れるページに移動します。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

雑誌名

歴史街道

巻号名 2014-7:第315号
刊行情報:通番 00315
刊行情報:発行日 20140606
出版者 PHP研究所


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録する本棚ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料種別 所蔵館 配架場所 帯出区分 請求番号 状態 資料番号 貸出
1 和雑誌一般日野図書館開架一般帯出可SB5.6//在庫 0001826437

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2014
2014

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 2991000072295
巻号名 2014-7:第315号
刊行情報:通番 00315
刊行情報:発行日 20140606
特集記事 新選組と池田屋事件
出版者 PHP研究所



目次

1 総力特集 新選組と池田屋事件
1 総論 「責任感」と「使命感」の衝突…池田屋事件が語りかけること ページ:14
山内昌之
2 即時攘夷か公武合体か…頻発する暗殺と政変劇、京の過熱はやまず ページ:28
楠戸義昭
3 なぜ尊攘派と対立した?隊服のデザインは?Q&A新選組の真実 ページ:32
菊地明
4 実録・池田屋!祇園祭の夜、浪士多数を相手に男たちは剣を抜く ページ:38
秋月達郎
5 山崎は潜入していない?階段落ちは事実か?Q&A池田屋の真実 ページ:46
伊東成郎
6 宮邸放火計画を上回る最高機密…古高や長州藩が目指していたもの ページ:58
中村武生
7 さらに深く知るために…押さえるべき史料と最新研究とは ページ:54
伊東成郎
8 御用改めである!映像に描かれた池田屋の闘い ページ:64
9 死闘池田屋!新選組全隊士!! ページ:44
10 回天の志!池田屋浪士列伝!! ページ:56
11 「誠」の旗の下に-それからの新選組 ページ:66
12 「新選組と池田屋」幕末京都MAP
13 京都市中篇 ページ:68
14 三条木屋町篇 ページ:70
15 壬生篇 ページ:72
16 VISUAL
17 <1>元治元年六月五日夜、「誠」の男たちの決断 ページ:20
18 <2>死闘を再現!推定復元した三条池田屋 ページ:22
19 <3>古地図に見る元治元年の京 ページ:26
20 COLUMN
21 「逃げの小五郎」は池田屋にいたか? ページ:63
22 <年表>新選組結成、そして池田屋へ ページ:37
2 好評連載
1 大東亜戦争写真紀行<第3回>世界で感謝された日本人 知られざる北欧の「親日国家」・フィンランド ページ:116
井上和彦
3 読み物
1 十九年の歳月をかけて「夢」を手作り 私の庭の姫路城 ページ:127
4 グラビア
1 この人に会いたい<90>深田恭子 ページ:7
5 特集 台湾と日本人
1 「瘴癘の島」に築かれた近代化の礎 ページ:80
黄文雄
2 台湾に日本人の足跡を訪ねて ページ:86
片倉佳史
3 特別寄稿 「私の先生」-後藤新平と新渡戸稲造 ページ:92
李登輝
4 日台50年史略年表 ページ:84
5 台湾MAP ページ:85
6 COLUMN
7 <1>台湾の長州人 ページ:91
8 <2>明石元二郎と下村宏-もう一組の名コンビ ページ:98
6 好評連載
1 我、六道を懼れず<14>真田昌幸連戦記立国篇 ページ:100
海道龍一朗
2 お江戸ぶらり散歩<4>あの日、あの時、この場所で 鼠小僧捕まる! ページ:74
堀口茉純
3 巨頭会談の内幕<最終回>「ヤルタ体制」は史上最大の過ち ページ:122
吉田一彦
4 江戸の料理再現づくし<23>かれいの煮こごり・玲瓏豆腐 ページ:136
向笠千恵子
5 近江花伝<6>桑実寺 謎の瑠璃石 ページ:141
寿福滋
6 歴史街道・ロマンへの扉 三室戸寺 ページ:134
林宏樹
田路静羅
7 「歴史街道」伝言板 ページ:110
8 BOOKS・CINEMA ページ:112
9 この著者に注目! まりこふん ページ:114
7 歴史街道脇本陣 ページ:131
8 表紙画・表紙のことば
黒鉄ヒロシ

内容細目

1 新選組と池田屋事件
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。