検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料の予約受付数は 0 件です。
  • 「資料情報」から書誌を予約カートに入れるページに移動します。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 2 予約数 0

書誌情報サマリ

タイトル

長州戦争 (中公新書)

責任表示 野口 武彦/著
責任表示ヨミ ノグチ タケヒコ
出版者 中央公論新社
出版年月 2006.3


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録する本棚ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料種別 所蔵館 配架場所 帯出区分 請求番号 状態 資料番号 貸出
1 一般和書中央図書館開架一般帯出可215.8//在庫 5303685
2 一般和書日野図書館開架一般帯出可SB5.2//在庫 5303686

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

野口 武彦
2006
210.58

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000000306398
書誌種別 図書
タイトル 長州戦争 (中公新書)
タイトルヨミ チョウシュウ センソウ
サブタイトル 幕府瓦解への岐路
サブタイトルヨミ バクフ ガカイ エノ キロ
責任表示 野口 武彦/著
責任表示ヨミ ノグチ タケヒコ
叢書名 中公新書
シリーズ巻次 1840
出版地 東京
出版者 中央公論新社
出版年月 2006.3
ページ数 261p
大きさ 18cm
価格 ¥820
分類記号 210.58
ISBN 4-12-101840-0
内容紹介 長州戦争は徳川幕府の命取りとなった戦争である。幕府はなぜ、やらなければよかった戦争に踏み切り、どう戦って負けたのか。開戦前夜から敗戦処理までを克明に描き、長州戦争が現代に残したメッセージを読む。
利用対象 一般
著者紹介 1937年東京生まれ。東京大学大学院博士課程中退。神戸大学文学部教授を経て文芸評論家。サントリー学芸賞、芸術選奨文部大臣賞、和辻哲郎文化賞、読売文学賞受賞。著書に「幕末気分」など。
件名1 長州征伐(1864 1866)
書誌・年譜・年表 文献:p257〜261
特殊な刊行形態 新書

(他の紹介)内容紹介 どんな戦争も後世へのメッセージを残している。長州戦争は徳川幕府の命取りとなった戦争である。勝利した長州藩は、後に『防長回天史』を編纂し、この戦争を明治維新への大きな一歩と位置づけた。しかし、幕府側はこの敗戦を総括するに至らず、敗戦の責任者すら明確ではない。幕府はなぜ戦争に踏み切り、どう戦って負けたのか。開戦前夜から敗戦処理までを克明に描き、長州戦争が現代に残したメッセージを読む。
(他の紹介)目次 プロローグ 兵は凶器なり(長州戦争とは何か
長州戦争の開戦事情 ほか)
第1章 長州が朝敵になるまで(航海遠略策と公武周旋
尊攘激派の擡頭 ほか)
第2章 第一次征長―幕府の威令なお衰えず(長州征討令下る
四国艦隊の下関襲来 ほか)
第3章 江戸と山口―二つの主戦派(攘夷見直しのチャンス
江戸幕閣と一会桑政権 ほか)
第4章 第二次征長―四方面の戦闘(歴史と個人感情
大島口の戦闘 ほか)
(他の紹介)著者紹介 野口 武彦
 1937年(昭和12年)東京に生まれる。1962年、早稲田大学文学部卒業。その後、東京大学文学部に転じ、同大学院博士課程中退。神戸大学文学部教授を経て、文芸評論家。主な著書『江戸の歴史家』(筑摩書房、1979年、サントリー学芸賞)、『「源氏物語」を江戸から読む』(講談社、1985年、芸術選奨文部大臣賞)、『江戸の兵学思想』(中央公論社、1991年、和辻哲郎文化賞)、『幕末気分』(講談社、2002年、読売文学賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


目次


内容細目

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。