検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料の予約受付数は 0 件です。
  • 「資料情報」から書誌を予約カートに入れるページに移動します。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

タイトル

お墓参りは楽しい 

責任表示 新井 満/写真・文
責任表示ヨミ アライ マン
出版者 朝日新聞社
出版年月 2005.8


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録する本棚ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料種別 所蔵館 配架場所 帯出区分 請求番号 状態 資料番号 貸出
1 一般和書日野図書館開架一般帯出可SB5.7/ヒ/在庫 5256569

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

新井 満
2005
墓碑

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000000254477
書誌種別 図書
タイトル お墓参りは楽しい 
タイトルヨミ オハカマイリ ワ タノシイ
責任表示 新井 満/写真・文
責任表示ヨミ アライ マン
出版地 東京
出版者 朝日新聞社
出版年月 2005.8
ページ数 127p
大きさ 21cm
価格 ¥1500
分類記号 280.2
ISBN 4-02-250039-5
内容紹介 石川啄木、手塚治虫からドストエフスキーまで、死者の話を聴きに行こう。墓所まわりの写真を数多く掲載し、故人へのオマージュをつづった、お墓を巡るガイドブック。便利なMAP付き。『月刊MOKU』連載を単行本化。
利用対象 一般
著者紹介 1946年新潟市生まれ。作家、作詞作曲家、写真家、プロデューサー、監督など多方面で活躍。「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞。ほかの著書に「千の風になって」「青春とは」など。
件名1 墓碑

(他の紹介)内容紹介 啄木からドストエフスキーまで、死者の話を聴きに行こう。世界初!お墓を巡るガイドブック。
(他の紹介)目次 シュピーリ―『アルプスの少女ハイジ』の作者は、チューリヒ中央墓地に眠っていた。
ドストエフスキー―『罪と罰』を書いた世界的文豪は、サンクト・ペテルブルグの修道院墓地に眠っていた。
坂本龍馬―大志をもって時代を駆けぬけた男の魂は、今日も水平線上で叫んでいた。
土方歳三―剣に生き、官軍の銃弾に散った新撰組の副長は、函館山の小暗い森の奥で、今日も夢を見ていた。
大黒屋光太夫―『おろしや国酔夢譚』でしられる江戸時代の漂流民、大黒屋光太夫の魂は、今…。
石川啄木―『一握の砂』の天才歌人は、函館市街と大森海岸を遠望する岬の共同墓地に眠っていた。
ワーズワース―名詩『水仙』を書いたイギリスの桂冠詩人は、湖水地方の小さな教会墓地に眠っていた。
スウィフト―『ガリヴァー旅行記』の作者は、ダブリン市内に建つ大聖堂の床下に眠っていた。
雪舟―長野五輪開会式ポスターで、現代に蘇った雪舟は、日本海を遠望する丘の墓地に眠っていた。
良寛―手毬つきつつ日暮れまで子供たちと遊んだ良寛は、越後の雪空の下に眠っていた。
松尾芭蕉―俳聖は、木曽義仲公墓の隣で、春風に吹かれながら眠っていた、
マティス―大画家の魂は、南仏の小さな礼拝堂の肘掛椅子に腰かけ、昼寝をしていた。
デ・キリコ―二十世紀芸術の先駆者として、形而上絵画を創始した天才画家の魂は、家にもアトリエにもお墓にもいなかった。マン・レイ―ダダイストで、版画家で、パリのアメリカ人でもある写真家は、今日もモンパルナス墓地でシャッターを切っていた。
沖縄戦の戦没者―沖縄戦で犠牲となった約二十万人の霊は、今日も摩文仁の丘から海を眺めていた。
吉行淳之介―『驟雨』『砂の上の植物群』『娼婦の部屋』『石膏色と赤』『樹に千びきの毛蟲』『夕暮まで』敬愛する作家と会話してきました。
遠藤周作―名作『沈黙』を書いた作家の魂は、外海町に建つ碑の傍らで海を眺めていた。
手塚治虫―世界最強のロボット『鉄腕アトム』を産んだ世界最高の漫画家は、高田馬場で甦った。
三波春夫―国民的歌手は、今日も春を夢見ながら、『富士山』を歌っていた。
阪神淡路大震災の犠牲者―六千四百三十三人の魂は、太陽の光となって神戸の街に降りそそいでいた。
(他の紹介)著者紹介 新井 満
 1946年新潟市生まれ。作家、作詞作曲家、写真家、環境ビデオのプロデューサー、長野冬季オリンピックのイメージ監督など、多方面で活躍中。作家活動としては、88年に『尋ね人の時間』で芥川賞を受賞。日本ペンクラブ常務理事として平和と環境問題を担当している。2003年に発表された『千の風になって』が話題を呼び、CDシングル&アルバム、DVD、絵本などがロングセラーとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


目次


内容細目

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。