検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料の予約受付数は 0 件です。
  • 「資料情報」から書誌を予約カートに入れるページに移動します。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

タイトル

eスポーツのすべてがわかる本 

責任表示 黒川 文雄/著
責任表示ヨミ クロカワ フミオ
出版者 日本実業出版社
出版年月 2019.6


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録する本棚ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料種別 所蔵館 配架場所 帯出区分 請求番号 状態 資料番号 貸出
1 一般和書高幡図書館開架一般帯出可798//在庫 0005259387
2 ヤング和書多摩平図書開架ヤング帯出可798//貸出中 0005259395 ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2019
2019
798.5 798.5

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1002000569374
書誌種別 図書
タイトル eスポーツのすべてがわかる本 
タイトルヨミ イースポーツ ノ スベテ ガ ワカル ホン
サブタイトル プロゲーマー、業界のしくみからお金の話まで
サブタイトルヨミ プロ ゲーマー ギョウカイ ノ シクミ カラ オカネ ノ ハナシ マデ
並列タイトル All about eSports!:Professional Gamers,Industrial Structure,and Earnings
責任表示 黒川 文雄/著
責任表示ヨミ クロカワ フミオ
出版地 東京
出版者 日本実業出版社
出版年月 2019.6
ページ数 221p
大きさ 21cm
価格 ¥1600
分類記号 798.5
ISBN 4-534-05701-3
ISBN(13桁) 978-4-534-05701-3
内容紹介 eスポーツって何? なぜこんなに盛り上がっているの? プロゲーマーになるには? eスポーツビジネスは儲かるの? オリンピックの正式種目に検討されるなど世界的に注目されているeスポーツの世界をとことん解説する。
利用対象 一般
著者紹介 1960年東京都生まれ。メディアコンテンツ研究家。株式会社ジェミニエンタテインメント代表取締役。エンタテインメント系勉強会の黒川塾を主宰。
件名1 eスポーツ
書誌・年譜・年表 文献:p221

(他の紹介)内容紹介 「そもそもeスポーツって何?」「なんでこんなに盛り上がっているの?」「プロゲーマーになるには?収入は?」…世界的なムーブメントとしてオリンピックの正式種目に検討されるなど急成長する世界の“超”入門書。eスポーツ界の要チェック人物のインタビューも掲載!
(他の紹介)目次 1 eスポーツとは何か?
2 eスポーツのジャンルと世界のシーンを眺めてみよう
3 eスポーツの主役「プロゲーマー」の世界とは?
4 発展の状況と、活発化する周辺ビジネス
5 変化を続けるeスポーツの世界とこれからの展望
終章 ゲームの歴史50年を振り返る
(他の紹介)著者紹介 黒川 文雄
 メディアコンテンツ研究家。株式会社ジェミニエンタテインメント代表取締役。1960年東京都生まれ。アポロン音楽工業、ギャガ・コミュニケーションズ(現在のGAGA)を経て、セガ・エンタープライゼス(現在のセガゲームス)、デジキューブ、デックスエンタテインメント、ブシロード、コナミデジタルエンタテインメント、NHN Japan(現在のLINE、NHN PlayArt)などにてゲームビジネスに携わる。現在はジェミニエンタテインメント代表取締役、黒川メディアコンテンツ研究所・所長を務め、メディアコンテンツ研究家としてエンタテインメント関連企業を中心にコンサルティング業務を行なう。また、エンタテインメント系勉強会の黒川塾を主宰。取材活動も精力的に行い、エンタテインメント系コラム連載、インタビュー取材記事などを執筆する。映像プロデュース作品に「ANA747FOREVER」「ATARIGAMEOVER」他、大手パブリッシャーとの協業ゲームコンテンツまども数多く手がけ現在に至る。「オンラインサロン黒川塾」も展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


目次


内容細目

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。